FC2ブログ

夢想ゆんた

クラフト犬 ] 2019/12/25(Wed)


15歳半になった師走に、ボクは思う...


宇宙戦争など起こらない。

仮に、地球を侵略しようと企む知的地球外生物が
何処かにいたなら、とる手段は戦争じゃないだろうな。

宇宙を、自在に往来するほど進化した生物なら
恐らく、侵略されていることを敵に気づかれない方法を
試すに違いないさ。

そして、味方に犠牲者を出さない方法...

地球人は、そもそも戦う事が好きだから
この性質を利用しない手はない... 

仲たがいさせて戦わせておけば、そのうち激化して
規模が拡大し、地球は勝手に滅びていく... 
と、宇宙人は思ってるよ。

それにしても、最近の世の中...
人間同士仲良くできないことが増えたなぁ...


宇宙人が、どこかでほくそ笑んでいるかもね。






峠から

信州スケッチ ] 2019/11/23(Sat)
藪原

秋晴れの日に、信州中山道鳥居峠を歩く。

今年は、春から開花が遅れたり、長雨があったり
一転酷暑が続き、被害をもたらす大型台風もあった。







御嶽山の頭

それらが落ち着いて、穏やかに晴れ渡った晩秋。
カラマツの紅葉が映える、静かな峠路を行く。








栃の木

秋は、寂しさや悲しさの表現に使われる季節であるが
次に来る冬を前に、まだその色には温もりがある。








赤い実
お地蔵さま

今年あった辛い出来事や、かなしかったこと...
それらの全てをしずめてくれるような峠路。







奈良井
奈良井宿

町へ降りると...
冬を迎える心持ちが、すっかりととのっていました。











ホームページ一新しました

木のしごと ] 2019/11/01(Fri)


あれからどのくらいの月日が流れたのか...

数十年に一度の... って最近よく聞く言葉
自然災害だが、もはや一年に数度... になっている

時の流れ、起こる出来事、現れ、消える...
この前の事件、その後どうなったんだろう?

上書き消去のニュース群... 目まぐるしい!
この世の中の動向に、ついて行けるか行けぬのか...

悶々とした心の底に沈殿する塵を、ほうきで掃いて
この度、WorksHOCHIのHPを一新しました。










フォッサマグナにいだかれて

木のしごと ] 2019/10/24(Thu)


我家の借景も良いのですが こちらのお宅も素晴らしい

大きな開口部のガラス越しに
八ヶ岳を一望できる 南麓の高原...
 







rcytgtk13.jpg

この百名山を眺めながら 
ロッキングチェアに揺られていると...

フォッサマグナという 巨大なゆりかごにいだかれて 
数百万年の時を 揺れ続けているかのごとく
悠久なる大自然の中へ しずかにとけこんでいく....



なんてね(^^ゞ




 

ゆんたのフィジカル

クラフト犬 ] 2019/09/22(Sun)


ボクが主と出会って 昨日でちょうど15年が経つ
15回目のこの夏は ボクにはとても過酷な日々となった...

長い梅雨が明けると いきなりやって来た連日の猛暑
8月初めに 食べ物を全く消化できずに吐き出す事が続き
息も荒くなり 見かねた主に連れられて病院へ行く

“熱中症”という診断...

注射とクスリで 何とか治まったかに見えた数日後...
今度は 嘔吐と下痢を繰り返す症状
すぐまた病院へ連れていかれると

異物が体内に混入した時の症状であり 
“除草剤による中毒”という診断...

確かに猛暑の最中 近所は除草剤散布が盛んになり
散歩ルートに困ったし そこに除草剤を撒いたかどうかは
雑草が枯れて初めて気付くもの

しかし 治療のおかげでそれも乗り越えることができ
少しずつ食欲が出て 体力も回復に向かう

暑いのが苦手なボクは 冬に向かうこれからの季節が
一番元気になれるんだ

フィジカル フィジカル!







三味線を弾く椅子

木のしごと ] 2019/09/08(Sun)


三味線を弾く方からの
「舞台演奏で着物きて座った時、ほぼ着物に隠れ、しかも
持ち運びやすい軽い椅子が欲しい...」という御注文。







shmsnstl01.jpg

三角座椅子にお座りいただきながら
「これがもう少し高ければ、軽くて良さそう... 」







shmsnstl02.jpg

座面の高さは傍らにあるSH35㎝の小椅子にお座りになり
「高さはちょうどこのくらい... 」

さて、座面を高くした場合に “貫” をどうするか...







shmsnstl05.jpg

かくしてこうなった。

三味線を弾く方のための椅子製作には
三味線を弾く... ようなことのない仕事が必要とされた。









実りの季節

出来事 ] 2019/08/27(Tue)

 
これは、めずらしい蟠桃(ばんとう)という桃。

8月位から、様々な果物が果樹園の店先を彩る。
収穫のタイミングが日替わりなので
店頭に並ぶものに日々変化があって楽しめる。
信州に暮らしてからはこの季節の魅力にはまる。

果樹園おすすめの食べ方にならうと、皮は剥かない。

かぶりつく...
蟠桃は、孫悟空がこれを盗み食いして不老不死になった
伝説の桃だが、恐らく彼も皮を剥かずかぶりついたはず...


桃感が濃く、野趣に富んでいて美味しい...

... が、不老不死を私は望まない。







<< 近ごろは その昔は >>



管理者ページ + RSS + Powered By FC2 + Designed By ASIA SEASON